ブックオフせどりは疲れたし稼げないので辞めた【店員さんに嫌われる】

 
今は出張買取の仕事をしていますが、せどりをやっていたこともあります。
 
就職しないで、自分で何かをやって稼いでいきたいと思いやっていました。
 
でも、今はやっていません。
 
疲れますし、稼げないので辞めました。

ブックオフせどりは疲れたし稼げないので辞めた

バーコードリーダーが懐かしい

ブックオフに行って、バーコードリーダーで全部の本をピコピコしていました。
 
この前ブックオフに行ったらそれをやっている人がいましたが、よく見たら店員さんでした。
 
そう言えば、普通のお客さんに本のことを聞かれたこともあります。
店員に間違われていました。
 
 
とにかく人目が気になります。
 
店員にどう思われているんだろう?とか考えたら恥ずかしくなってきます。
 
でも、稼げる方法だし、これで稼いで人生変えたいと思っていたので、やっていました。
 
 
カゴいっぱいに利益の出る本を仕入れることができたともありました。
 
でも、それって人目が気になるけど、やろうと思えば誰にでもできることです。
 
しかも、他にやっている人がいれば、やりやすくはなります。
 
 
ブックオフの数なんて限られすぎているので、利益の出る本はどんどんなくなっていきました。
 
その結果、稼げなくなりました。
 
もう精神的にもつらかったので、それでよかったんだと思います。
 
 
ブックオフで安く仕入れてAmazonで高く売ることができた時代もありましたが、今は無理みたいですね。
   

せどりは疲れます

せどりをしている時は、安く買いたい人に本を届けるのが使命だと思ってやっていました。
 
というか、そうでも思わないとやってられませんでした。
 
でも、せどりの悪いところは、そこで売っている人の迷惑になっていることです。
 
 
毎日の様に同じ人たちが利益になる本を求めて必死に検索をして、カゴを本でいっぱいにしています。
 
ひとつの棚の前を全部検索するのには時間がかかるので、その棚を何分も占領してしまいます。
 
 
そうすると、店員さんも仕事がしにくいです。
整理したり補充したりがやりにくくなっています。
 
普通のお客さんも見たい本があるのに見れない。
 
確かに買う人は安く買えてうれしいけど、仕入先の人が嫌な思いをしています。
 
そこのことも考えられていないやり方は長続きしません。
 
 
結局は自分のことしか考えていない人は稼げない様にできているんだと思います。
 
 
その点、今やっている出張買取は、売る人にも喜んでもらえています。
 
せどりと同じで買う人も安く買えるのでうれしいし、それによって儲かる自分もうれしいです。
 
みんながしあわせになる形ではあるので、長続きしているんだと思います。
 
 
仕入れ場所はブックオフではなくて家です。
 
全世帯がお客さんです。
 
 
コンビニやスーパー、美容室とか歯医者さん、靴屋さんとかと同じです。
これらって、ひとつの駅に何店舗もあったりしますが、なかなか潰れません。
 
それは全世帯がお客さんだからだと思います。
買い取りも同じです。
 
仕入先が周りきれないほどあることのありがたさを、ブックオフせどりをしたことでなおさら感じています。
 
 
そう考えるとブックオフせどりをやったことも無駄にはなっていません。
 
 
今こうやって喜んでもらいながら仕入れることができて稼げることのありがたみ・すごさをより一層感じることができる様になっているんだと思います。
 
せどりをしていなかったら、ここまで感じることができていなかったかもしれません。
 
 
すべてをプラスに持っていく出張買取という仕事は偉大です。
 

最後に。

ブックオフせどりをやっている人って、ブックオフの店員さんに嫌われまくっていると思います。 
 
今だったらツイッターにその光景がアップされたりして、ありえないとか言われてあっという間になくなるのではないでしょうか? 
 
 
せどらーはブックオフの売上に貢献しているって思ってます。 
 
こんなにカゴいっぱいに買う人はいない。 
俺たちはお客様だ! 
文句を言う方がおかしいって思ってます。 
 
 
でも、その偉そうな態度が大問題だって今は考えることができます。 
 
そのお店の人に嫌われてしまったら、長続きをすることはないと思います。 
 
ブックオフの偉い人は売上が上がるかよしとするかもしれませんが、現場で嫌がっている人の声がどんどん出てきたら、さすがに禁止するしかないってことになりそうです。  
 
そんな社会の流れがまったく分かっていませんでした。  
 
 
今だったら、SNSにあげられてすぐに上の方や社会にも伝わります。 
 
僕がやっていた時はまだそんなに一気に広まらなかったので、稼げていた時期もありました。 
 
これからはグレーゾーンのことをやって稼げる期間はどんどん短くなっていくと思います。 
 
そんなことを探して実行するよりもちゃんと喜んでもらいながら稼げることをやるべきです。 
 
 
なので、僕は出張買取をもっとがんばります。 
 
 
せどりで挫折した経験があります

■コメントお待ちしています

 
 
●【メニュー】出張買取の始め方、独立・起業

■自己紹介とサイトの説明など
自己紹介(出張買取で起業した個人事業主。アフィリエイトやせどりは挫折。)
このサイトについて(僕がやっているのはこんな出張買取です)
初月から31万円稼げる可能性がある出張買取という仕事【再現性は高い】
出張買取の仕事をしながら幸せに生きています

■出張買取の仕事を始めてみたい方にまずお伝えしておきたいこと
初期費用がけっこうかかる
稼げるとは限らない
一生つづけられるとは限らない
こんな人に向いている、こんな人は向かない
せどりの次は出張買取だとは思わない 
ブランド名などを知らなくても人見知りでも大丈夫
【注意】クーリングオフがある。その間保管しておく場所が必要。

■出張買取の始め方
古物商を取る。とっても簡単に取れるからびっくりした。
場所を用意する、事務所を借りる。自宅でやるか。
お金を用意する、出張買取を始めるのに必要な金額など

■準備
必要な持ち物、お札・小銭・名刺・測り・買取契約書・ペン
集客をする、ネット、チラシ
査定の練習をする、シュミレーションをする

■買取本番
出張買取 仕事の流れ、予約が取れたらあとは行くだけ!
緊張をほぐすための考え方
営業トークみたいなことは一切しない
リピーターさんはいなくてもいい

■買取後にやること
こうやって売っています
大手の買取サイトを使ってます
処分の仕方、ヤフオク1円出品で売れないものでも大丈夫

■出張買取の優れているところ
ストレスがない。イライラしない。お金を支払う仕事はすごい。
とても喜ばれる。「ありがとう!助かった!」と毎日言ってもらえる
たくさんの人に出会える。部屋を見れる。
結果は出しやすい、不用品をお金にしたい人が増えている。
遊びの予定を組みやすい、休みの日を自分で決められる
横のつながりも少し出来ている

■大変なところ
重い、体力勝負なところはある
モテない、恋の出会いがほとんどない
足の踏み場がなくなる事務所
稼げない案件もある
引っ越しをしないといけないかもしれない

タイトルとURLをコピーしました