出張買取の査定方法、お客さんの足元は見ない【心が疲れないやり方】

 
出張買取に行って毎日の様に査定をしています。

最近は「そんなにもらってもいいんですか?」って言われることもあります。

でも、それって査定員としては未熟なのではないだろうか?
出張買取店に勤めていたら文句を言われそうです。

そんなことは気にしませんが。 
 

出張買取の査定方法、お客さんの足元は見ない【心が疲れないやり方】

安く買い取ろうとはしていません

出張買取をする場合、お客さんに合わせて査定金額を変える人も多そうです。

この人は安く買い取れそうだから、安くしようと考える。
僕もそういった時がありました。

でも、そんなことをしなくてもある程度の結果は出るので、気が楽な方に変えました。

貴金属もそうですが、無理しなくても利益は積み上げていけます。

安く買い取るために会話をするのも疲れました。

相手が何に価値を感じているのかを探るために話をするのではなくて、目の前の人とちゃんとしたコミュニケーションを取るための会話をしたいです。
 

足元を見るより、売るのをがんばる

お客さんの査定金額を下げることをがんばるよりも、売るのをがんばった方がいいです。
 
 
例えば、ヤフオクに出して1000円以下のものは出品していないとします。
 
でも、そのルールを破って、1000円以下のものも売る様にがんばれば、お客さんに支払う金額は増やせます。
 
そうやって、お客さんに支払う金額を増やせる様にがんばる方が健康的です。
 
 
買い取ったものを売る方法はいろいろとあるとは思いますが、自分でヤフオクなどに出して売るのが一番高く売れると思います。
 
それをいかに早くできる様になるか?
 
できる様になれば、足元を見る必要もなくなります。
 
 
買い取れるものも増えるので、査定が楽しくなります。
 
あれもこれも値段をつけないで、いいものだけを買い取るのもひとつの手ですが、それをやると、ほとんど値段がつけられません。
 
断り続ける査定をしなければいけません。
 
それはとってもつらいことです。
 
 
モノが増えないしスペースを有効に使えるかもしれませんが、そんなことより、ガンガンいろいろ買い取って何とかさばいていく方が僕は好きです。
 
 
お客さんには喜んでもらえますが、モノが溢れて大変なことになる時もあります。
 
この辺りはどっちを選んでもいいとは思いますが、査定で嫌な思いをさせたくないという人は僕みたいにやるのがいいです。
 
 
お客さんのがっかりする顔はあまり見たくありません。
 

高価なものを出してもらう営業はしない

買取の査定で重要なのは追加で高価なものを出してもらうことだと言う人もいます。
 
でも、それってそもそも禁止されているみたいです。
 
 
あと、それもまたつらいです。
 
相手が売りたくないと思っているものを出してもらうのって大変です。
 
そんなことはしたくありません。
 
 
断られるのもつらいです。
 
毎日の様に人に拒否されるというのは嫌です。
 
 
そんなことをしなくても出張買取で稼ぐことはできます。
 
やり方を変えたらもっと稼げる様になるかもしれませんが、今の形がストレスなくつづけていけるいい形だと思っています。
 
これをベースにちょっと違った買取を始めるのが一番良さそうだとは考えています。
 
 
堅実にある程度は稼げる仕事を手にできたということは大きなことです。
 
これがあるから冒険もできます。
心が落ち着いた状態で新しいことを始められます。
 
 
というわけで、そんなにがんばらない査定が僕はいいと思います。 
  
それでも、生きていくためのお金を得ることができる仕事にはなります。
 
 
自分の好き勝手やることができて、ストレスなく働いて、お客さんに喜んでもらいながらお金を稼げるってすばらしいことです。
 
査定の仕方も自分で選べるというのは大きなことです。
 
 
絶対に貴金属やシャネル・エルメス・ヴィトンのバッグやロレックスの時計などを持ってこい。
それがないと減給だ!
 
そんな買取店もありそうです。
 
僕は出張買取の仕事を6年やっていますが、そういった場所で働けるスキルは皆無です。
それでも、稼ぐことはできます。
 
自分が納得行くやり方で稼げる様になってよかったです。
 

最後に。

出張買取を始めた時は、貴金属などをいかに騙して安く持ってくるのかが重要だと思っていました。 
 
僕の周りでもそんなことを言う人が多かったです。 
 
1万円以下でしか売れないものは買い取ってもどうしようもないという考え方でした。 
 
でも、1000円ものだって価値があるし、欲しい人はいます。 
 
何よりもお客さんが出してくれたものです。 
 
それを価値がないものだと言って1円も置いてこないのはつらいです。 
 
 
押入れの奥からわざわざ引っ張り出してきたものかもしれません。 
 
僕が行く日に合わせて時間を作って用意をしてくれています。
 
せめてその想いには答えたいです。 
 
 
今は独立して自分の好きな様に査定をしていますが、すこぶる調子がいいです。 
 
お客さんに喜んでもらえる様にこれからもこの仕事を組み立てて行きます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました