せどりの次は出張買取だとは思わない【全く違った仕事】 

 
せどりの最終形態が買取だというのをどこかで見ました。 
 
でも、まったく違ったものだと思います。 
 
 
出張買取は人と接する仕事です。 
髪がボサボサ・髭面、破れたジーパン。こんなんでは駄目です。 
 
整っていたほうがいいですが、せどりは大丈夫でした。 
 
 
出張買取では、お客さんの要望を叶えるために利益にならないものを持って帰ることもあります。 
   
目の前に出てくるものも様々で扱うジャンルは広いです。 
  
 
買い取ったものにはクーリングオフがかかるので、返してほしいと言われる可能性もあります。 
  
その期間中は保管しておかないといけません。
 
 
お客さんのところに行ってみないといくらかかるか分からないので、ある程度お金は持っていないといけません。 
 
クレジットカードでは買えません。ポイントで稼ぐなんてことはできません。 
 
 
買い取る量も予想以上に増えるかもしれないので場所も必要です。 
  
自分でお客さんを集めないといけません。 
呼んでもらって初めて仕事ができます。 
   
  
直接お客さんから買い取るのでせどりより利益が出そうですが、そんなに狙った商品ばかりが出てくるとは限りません。
  
  
差額で利益を出すというところは同じですが、僕はまったく違う仕事だと感じています。 
 
 
せどりをやっていて、そこから展開していくとしたら、まったく違ったせどりの手法をやるのが良い気もします。 
 
と言っても、最近のせどりの世界はよく分かりませんが、リアル店舗でせどりをしているのなら、電脳せどりをしてみるとかそういったことの方がいいのではないだろうか? 
  
 
出張買取をやるのもいいですが、その場合はまったく違った仕事だと思ってやった方がいいです。  
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました